オトノクニ楽団BLOG

オトノクニコンサートの最新情報や
オトノクニ楽団のつれづれ。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

carrotの絵本館(チャリティー募金)のご紹介




私、あきっぺのもうひとつの活動「オトノコドモ」を一緒にやってくれている、

またいつもオトノクニ楽団の公演を見にきてくれている、私達のお姉さん的存在

carrotさんが、「carrotの絵本館」をされます。今回は被災地へのチャリティー募金

としてのイベントです。「絵本館」は絵本と音の時間です。

*******************************: 


「carrotの絵本館」は、一人で、絵本を読みつつ、色々な楽器で音をつける。。

という、大人も子供もひきこまれる時間です。

私個人の好みとしても、「一人でここまでやる?!」って感じでとても面白い。

それなのに「静か」。carrotさんだけの世界があります。

「絵本」と「音楽」のコラボレーションは多いですけれど、carrotさんの絵本館は

「絵本」の世界にそっと「音」が鳴っている感じです。

場所、日時等につい等、詳しくはこちら

親子で、お友達で、お一人でも、素敵な時間になると思います。。
オトノクにっき●あきっぺ | comments(0) | -

楽器道楽*あきっぺの場合



 使い勝手抜群のこの楽器は「トレインホイッスル」

その名のとおり「ポッポー」という汽車の汽笛のような音が出ます。

大人の方にも「おお〜」と言ってもらえます。

電車に乗ろう!みたいな場面ではコドモの気分ももりあがります。

リトミックでもよく使うこの楽器。

保育士さん達もよく使うそうですヨ。

お値段も1000〜2000円と、無理のない価格帯。

あなたのおうちにも、おひとついかが?
オトノクにっき●あきっぺ | comments(0) | -

団員通信

 じゃあ〜、きくっぺ頂戴!

かおっぺ、私は昔、美術部の部長で、小学校時代は「なかよし」に

漫画を投稿してたんで、絵心が爆発してますの。

いちっぺの楽器自慢。。いちっぺにはもう、なにもかもかなわないヨ!

私の憧れの人だもの。(ほんとうに
オトノクにっき●あきっぺ | comments(0) | -

きくチョコとワッフル



いえい。今年もきくっぺより、きくっぺチロルチョコをもらいました。

ウヒッ。

そして、かおさんの旦那さんからも手作りワッフルの差し入れが

ありました。オヒョヒョヒョ。

今日は新年あけて初めての3人揃った練習でしたねえ〜

今年も4人そろって歩めたら良いナ。どうぞよろしくお願いします

オトノクにっき●あきっぺ | comments(0) | -

手描きのちワープロ



 左が、私のグチャグチャな手描き原稿?直した箇所もいっぱいあって、

あ〜、わけが分からない!

右が、かおさんがワープロで打ち直してくれたもの。

あ〜、スッキリ!思っていたよりセリフもぐっと少なく感じます。

左のグチャグチャは、ポイ!断捨離じゃ。
オトノクにっき●あきっぺ | comments(0) | -

楽器道楽*あきっぺの場合*その1




 あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

楽器道楽な私は、集めた楽器を使って演奏しています。

オトノクニコンサートが終わった後、「この楽器は何ですか?」と

よく質問されます。そんな時、「ネこの音面白いですよネ

と嬉しいです。

******************

今日ご紹介するのは「アンデス25」

スズキ楽器社より発売されています。

見た目は鍵盤ハーモニカ、でも音はあのアンデス地方の笛、アンデスに

にています。和音も吹けますヨ。

メロディーに、伴奏に、なんでも使えます。

元気さ、明るさを感じる音色でありながら、郷愁やさみしさも感じさせる

時もあります。


コドモ達にも人気ですが、特にお母さん達に人気です。

色も赤、オレンジ、ピンク、緑、水色?など。お値段は12000円くらいだったかな。

鍵盤ハーモニカよりお高いですネ
オトノクにっき●あきっぺ | comments(0) | -

オトノクニシール

 きくっぺより、可愛いシールが届きました。

「オトノクニシール*URL入り」。年賀状に貼るように送ってくれたのです

オトノクニ楽団員から年賀状を受け取る方は、このシールを目にするかも、です。

送ってくれた封筒に「オトノクニ楽団 きくっぺ」となぐり書き?されていて、

忙しいなかきくっぺがいかにいそいで年賀状に間に合うように送ってくれた

かが分かりますありがとう

このブログ、絵文字が色々あって面白いですネ

来年の依頼の声もかかっているオトノクニ楽団

今年は色々な出会いを有難うございました

皆様良いお年をお迎え下さい

絵文字が使えて面白がっているあきっぺでした
オトノクにっき●あきっぺ | comments(2) | -

楽団員紹介*かおっぺの場合

おはようございます。あきっぺです。

今朝は私ことあきっぺが楽団員の紹介をしたいと思います。

オトノクニ楽団がまだ私一人だけで構想だけが心の中にあった時、

私の鋭い観察眼は、もう一人の楽団員を見出した!それはかおっぺ。


かおっぺの長所は「きれい感」

(かおっぺは、きれいとか言われるとイヤがるが。。)

顔がきれい、声がきれい、きちんとした話し方ができる(大人社会に対応

OK)、きちんとした美しい文章が書ける(今のお仕事も文章関係ですね?)

頭がよさそう(実務能力あり*大人社会に対応可)

目がきれい(最重要ポイント*かおっぺを初めて見た時、唄っていて

その時の目が印象的だった)

本人は「泣いてないよ」と言うけれど、時々目が光っていますアンド

目の中に気持ちが映っている時もある。


そんなかおっぺに本当は「オトノクニ楽団代表」を任命したいところですが、

もうすでに頼りすぎなんで、いい加減にしろって言われたらヤバイんで

やめときます。。


マイ*フェイバリットメモリーfromかおっぺ

「あきさんって破壊女王やな」「あきさんて人の話聞いてないよね」

そんなかおっぺの言葉は私の旦那さんそっくり。

時々「演奏している時のあきさんはきれいやから」とか

「あきさんはステキな人やから」など、泣かせる事も言ってくれる。

そんな飴とムチなところが、やっぱり旦那さんと似ています。

(どういうこと?)

かおっぺがいなかったら、オトノクニ楽団は成り立ちません。

ありがとう!かおっぺ!





オトノクにっき●あきっぺ | comments(0) | -

楽団員紹介*いちっぺの場合

こんばんわ!あきっぺです。今夜は私あきっぺが楽団員の紹介をしたいと思います。

2番手は「いちっぺ」

オトノクニ楽団代表の(う〜ん?)の私ことあきっぺの鋭い観察眼により
見抜いたいちっぺの長所は、ズバリ「人望」。

いちっぺがいれば、場はやわらかい。なんでもおいしく食べ、嫌いな人や物も
ほとんどない(島田シンスケはちょっと好きじゃないそう)という、
奇跡の人*いちっぺ。

いちっぺを攻撃する人あらば、私は棒を持ってその人を叩きに行くと
思います。(でも多分いちっぺは「あきさんやめて〜」と言うと思います)

いちっぺの担当はキーボードとピアノ。

いちっぺとの練習は本当にやりやすいのです。楽譜も音源もなくても
「こんな感じで〜」でほんとにいい感じでやってくれます。そして、
いつでもこちらを見ていてタイミングを合わせてくれます。

本番でも、何か小さなハプニング(時間が足りなかった、ミスがあった)時
など、サッとサイズを変えて弾いてくれたり、本当に頼りになる相方。
何かあっても、なんとかしてくれるという心強さ!


マイ*フェイバリットメモリーFromいちっぺ

ある本を読んでいたら「お饅頭」という言葉が何回も出てきた。
ちょっとだけは面白かった。

しかしいちっぺはいつまでもいつまでも笑い続けていた。
筋金入りの「ゲラ」です。

もしこれから、何かムッとする事があったとしても、いちっぺがすぐ
「ゲラ」になって、どうでもよくなる事でしょう。

いちっぺが入団してから、音が豊かに広がって、私も自由になりました。

ありがとう!

いちっぺ!







オトノクにっき●あきっぺ | comments(2) | -

楽団員紹介*きくっぺの場合

こんにちわ!あきっぺです。

今日はわたくしあきっぺが楽団員のご紹介をしたいと思いマス。

オトノクニ楽団*代表の(え、そうなん?)のわたくしは、皆さんの特技、
長所を鋭く観察、仕事をわりふっています。
(見かねてやってくれているだけ)

まずは「きくっぺ」

「きっちりしたどんぶり勘定」の能力を見込まれて「会計奉行」に就任。
A型の血が光る。

「菊川制作室」をされている事もあり、広報能力にもたけているので、
「広報奉行」に任命したいと目論むわたしですが「いい加減にして下さい」と
いわれそうなので任命はひかえている。

人形劇、小物、ブログ制作、チラシや各種デザイン、衣装など、
オトノクニコンサートの視覚はきくっぺ担当。相当な仕事量なんです!


マイ:フェイバリットメモリーfromきくっぺ。

1番最初の練習の時(こちらに来てもらうのに2時間以上かかる)、
自分の昼ごはんに食ぱん1枚だけ持参していた。
その時、きくっぺが好きになりました。

その思い出があれば、これからもしイザコザがあっても
きくっぺをキライになる事はないのです。

今年きくっぺが入団してくれてから、ぐっと活躍の場が広がりました。

ありがとう、きくっぺ!

オトノクにっき●あきっぺ | comments(0) | -